お店ごとに個性やコンセプトが異なります

世の中に存在しているものほぼ全てにランクがあるように、
それはキャバクラ店にも当然のように存在しています。
高級店がある一方で、大衆店激安店といった両極端なお店も存在しているんです。

それぞれのお店には個性があり、お店ごとにコンセプトが異なっているもの。
料金は安いけれども高級店で飲んでいるように感じられるお店があったり、
大衆店や激安店の中には、例えば衣装を統一してコアなファンを獲得しているキャバクラ店もあります。

キャバクラ派遣では、このようにいろいろと存在しているお店のランクやカテゴリーなどを派遣会社が分けていて、
派遣会社に登録した女の子にもランクづけをした上で、
相性の良さそうなキャバクラ店を中心に紹介するというシステムになっています。

女の子は働く日も時間もお店も基本的には自由に選択できるのですが、
その選択肢が提示されている時点で、すでにふるいにかけられているわけですね。
ランクの高い女の子は高級店へ、ランクの低い女の子は大衆店へ、
なんていう感じに自然となるようなシステムになっているんです。

ランクの高いお店で働けばそれだけお給料も高く
ランクの低いお店では時給額が少し低くなる、そう思っておいてください。

派遣で働くキャバクラ嬢に求められる働き方

お店のランクが異なってくれば、キャバクラ嬢の働き方ももちろん違ってきます。
お店に来るお客さんの層が高級店と大衆店では違うわけですから当然ですね。

高いお店を訪れるお客さんは落ち着いていることが多く、金払いもとても良いです。
一方で安いお店を訪れるお客さんは若い人が多くて、酔っ払うと羽目を外したりちょっと下品だったりすることが多いでしょう。
あくまでも傾向ですけどね。

同じくらいのランクでも、お店によってだいぶ雰囲気やサービスが異なることがあります。
派遣のキャバクラ嬢もランク分けされているとはいっても幅は広いですから、
お店の需要に合わせた振る舞いが求められるのです。

キャバクラ派遣で働くなら、派遣されたお店の雰囲気個性コンセプトに合わせて、
お店はもちろんお客さんの需要も読み取りつつキャラクターを変える、そんな働き方を心がけなければいけません。
裏を返せば、自分の個性はちょっと抑えめにした働き方が求められると言えますね。

難しく感じるかもしれませんけど、これは慣れです。
いろいろなお店で働くうちに、次第にコツが掴めてきます。
「キャバクラ派遣の場合にはいろいろなお店で働くから、それに合わせないといけないんだな」と覚えておけば問題ないでしょう。