ノルマがないので気軽に働きやすい

最近選ぶ女性が増えてきているキャバクラ派遣という働き方。
選ぶ女性が増えてきているということは、
この働き方にメリットを見出している人が徐々に増えてきているということでもあります。
アルバイトではなく派遣で働くことに、どんなメリットがあるのでしょうか。
⇒アルバイトと派遣の雇用形態の違い

勤めるお店にもよりますが、直接雇用のアルバイト場合には、
キャバクラ嬢にノルマが課せられることが多いです。
「いくら売り上げてください」「何人指名を受けてください」「何回同伴やアフターをしてください」
などのノルマを達成しなければいけません。
営業ノルマもそうですね。
電話やメールなどを使ってお客様に営業活動を行いお店に来てもらう、
この回数や件数が決まっていればそれは営業ノルマです。

キャバクラ派遣の場合には、売り上げのノルマも営業ノルマもありません
そもそも営業をする必要がないんです。
なぜなら、派遣のキャバクラ嬢はいろいろなお店で働くことになるので、営業活動そのものが意味を持たないんです。
ノルマが嫌だとか営業が面倒だと感じる女性にとっては、これはとても嬉しいことですよね。
派遣であれば気軽に働くことができるでしょう。

給料や働き方の面でもメリットがある

ノルマがないので働きやすいということ以外にも、派遣にはメリットがあります。

一つ目はシフトの概念が存在しないことです。
アルバイトで働くとシフトに縛られますけど、
派遣だとシフトに縛られず自由に働ける、これもキャバクラ派遣のいいところの一つ。
体調が悪かったり気分が乗らなくても、
派遣ならシフトそのものが存在していませんから、無理なく働くことができます。

二つ目は給料が日払いであること。
直接雇用の場合、給料は基本的に月に一度の給料日に支払われますが、
キャバクラ派遣なら毎回働く店舗が違うため、給料はその日に支払われます。

シフト制ではないので「ちょっとお小遣いが欲しいな」という時に、好きなタイミングで働けて、
しかもその場で給料がもらえるというのは、安心して働けるポイントですね。