レンタルを利用しても自分で用意してもOKです

キャバクラ嬢に必須のアイテムといえば、ドレスですよね。
華やかな衣装を着てお客さんとお話をしたりお酒を飲んだりする、これがキャバクラ嬢のイメージ。
実際にそのイメージ通りで、髪型やメイクはもちろん、身に纏うものも美しくしなければいけません。
それもキャバクラ嬢の大事なお仕事のうちなんです。

キャバクラ派遣の場合ですが、衣装はレンタルすることも可能です。
キャバクラ嬢という仕事を一切したことがない女の子はお仕事で着られるようなドレスはきっと持ち合わせていないでしょう。
その場合には、最初はレンタルのものを着ても問題ありません。

もちろん、もしお仕事で使えるような衣装を持っているのであれば、最初の勤務からそれを着用してもOKです。
これからもキャバクラ派遣を利用してお仕事を継続していきたいと思っているのであれば、予め自前の衣装を用意してもいいのかもしれませんね。

それに、自分の体型に合ったドレスが必ずしも貸し出されているとは限りませんし、借り物の衣装を着ながら飲食したりすると、
そちらに気を遣ってしまい自分の魅力を最大限アピールできないなんていう事態も起きかねませんからね。
自前のものなら安心して働けるはずです。

ドレスを用意するときに気をつけたいポイント

レンタルではなくもし自前でドレスを用意するのであれば、いくつか気をつけておきたいポイントがあります。

一つは、清潔感がある衣装を用意すること。
新品であればそれが全て清潔感があるかといえば、必ずしもそうではありません。
あまりにも派手派手しいものや主張が強すぎるものでは浮いてしまいます。
できるだけ落ち着いたものを選択するようにしましょう。

キャバクラ派遣のいいところは、毎回違うお店で働けるところ。
たとえ1着しか持っていなくても、毎回違うお店で働くわけですから、お客さんやそのほかのキャストに「いつも同じ衣装を着ている」と思われずに済みます。

それでも、できれば数着は用意しておきたいところ
なぜなら、毎回違うお店で働くということは、お店ごとに雰囲気が異なるということなので、それに合わせる必要が出てくるからです。
最初から何着も用意しなくても大丈夫ですが、1着目にあまりにもお金をかけてしまうと2着目3着目を揃えるのが難しくなりますから、2着目以降もすぐに用意するつもりで1着目を手に入れておくことをおすすめします。

合わせて、ヒールポーチバッグなども用意しておいてください。
もちろん、衣装に合ったものを用意しておくこと。
そうした小物も合わせて「ドレス」であると考えておきましょう。
⇒キャバ嬢必携の持ち物リストを解説