ガッツリ稼ぐには派遣の方が不利?

本業であっても副業であっても、キャバクラ嬢として働くことを選んだ女性は、
きっとたくさんのお金を稼ぎたいと思っているはずです。

お店に所属するアルバイトのキャバクラ嬢たちは、
指名数や売り上げによってバックを受けることができます。
バックとは、売り上げの一部をお給料にプラスして受け取れるシステムのこと。
売り上げが上がれば上がるほど収入が増えるので、
キャバクラ嬢たちはこのシステムを利用して一生懸命稼ごうとするわけですね。

でも派遣には、このバックシステムがないお店がほとんどです。
つまり、どんなに売り上げを上げても、
あらかじめ決められた時給に勤務時間を掛けた分のお給料しか受け取れません。
そもそも、派遣のキャバクラ嬢のお仕事はお店所属のキャバクラ嬢のサポート役ですから、
売り上げを上げるという考え方そのものが当てはまらないことが多いんです。
したがって、手を抜いても抜かなくても収入に変化はないので、一生懸命頑張ろうという意識は薄れがち。

アルバイトの場合には売り上げ勤続年数などで時給もアップします。
一方で派遣の場合は、お店ごとに時給が異なることはあるものの、
どんなに働いても時給そのものがアップすることはほとんどありません。
たくさん稼ぐには労働時間そのものを増やすしかないと言えるかもしれませんね。

カリスマキャバクラ嬢みたいに月に100万円とか稼ぐような働き方は、
派遣では難しいところがデメリットと言えるでしょう。

いざ働こうと思っても働けるお店がない?

お店に在籍しているキャバ嬢に比べて給料が少なくなってしまう以外にも、キャバクラ派遣にはデメリットがあります。
それは、稀に働きたいと思った時に働けないことがあるという点です。

シフト制度がないので自由に働けるというのは、メリットの話でも触れましたが、
お店側からすれば、いつでも人手が足りなくて派遣キャバ嬢を欲しがっているわけではありません。
また、派遣キャバ嬢はたくさんいるため、働きやすくて人気のお店は先着順でどんどん枠が埋まっていきます

なので、働こうと思っても派遣先となるお店がもう無くなっている、ということが起こるわけです。
⇒ランクの高いお店は人気も高い?

こういった事態をできるだけ少なくするには、
派遣先のお店をたくさん抱えているキャバクラ派遣会社に登録するのがおすすめです。
派遣先が多くあるほど、派遣キャバ嬢の需要がなくなりにくいからです。

他にも強いてデメリットを挙げるなら、お客様が少なくて人手が余っている時に、
派遣のキャバ嬢の方が優先的に早上がりさせられる可能性があることです。
在籍して毎日働いている女の子の方を優遇するのは致し方ないのかもしれません。