用意・準備しておきたいものとは

キャバクラ派遣の場合は、面接でNGを食らってしまうことはほぼありません。
しかし、その面接の結果次第で派遣されるお店のレベルには違いが出てくることがあるので、気合いを入れた上で臨まなければいけません。
⇒キャバクラ派遣の面接対策をおさらい

どのような部分に気合いを入れるかと言えば、まずは服装です。
もちろんドレスなどを着ていく必要はありませんが、おめかしはしていきましょう。
私服でもOKですが、あまりラフな格好よりは、
しっかりとしたメイクにマッチしていて、ドレスを着た時のイメージがしやすい服装を心がけておきたいところ。

派遣会社の多くは登録のために面接に来た女の子の写真を撮影します。
それを元にレベル分けをしたり登録者を整理したりするのですが、
その写真の出来が悪いとレベル分けの時に不利になることもあるのです。
レベルの高いカテゴリーに入れないと、待遇のあまり良くないお店しか派遣されなくなってしまう可能性があります。
これが、登録のための面接であっても、オシャレして臨まなければいけない最大の理由。

その他に面接で持っていかなければならないもの、それは身分証明書です。
これは運転免許証やパスポートなどがあればOK。
身分証明書がなければ役所で住民票を受け取り持って行きましょう。

あとは、メモなどができるように手帳と筆記用具などを用意しておけば、持ち物に関しては問題ありません。

面接での受け答えも大切なポイント

キャバクラ派遣の登録の面接で派遣会社の人がチェックしているのは、まずは見た目です。
顔やスタイル、そして服装ですね。
次にチェックしているのが、マナー
これは本当に大事なことなので、しっかりと心がけて面接に臨ようにしてください。

キャバクラ嬢は接客業です。
お客様と接して楽しんでもらうためのお仕事ですから、
マナーが備わっていなければやっていけません。
もし面接でこの部分が欠けていると判断されてしまうと、
レベルの低いカテゴリーに入れられてしまうでしょう。
当然、待遇のあまり良くないお店でしか働けなくなってしまいます。

敬語で話せること、機嫌が悪くならないこと、相手の目を見て話すこと、相手を馬鹿にした態度を取らないこと、相手の話を遮らないこと。
面接ではこのあたりが問題なくクリアできると判断されるように振る舞えばOKです。
あとは、しっかりと挨拶やお礼が言えて、頭を下げることができれば完璧

服装もそうですけど、このマナーも全て自分の受けられる待遇や得られる収入に直結していると思っておいてください。
それがキャバクラ派遣で働くということです。
しっかりと準備をしてから臨みましょう!