キャバクラ派遣とは?

キャバクラ派遣は、派遣会社や人材紹介会社などと契約を結んでキャバクラ店で働きます。
お給料が日払いなので、副業先として女性に人気のようですね。

派遣は直接雇われるわけではないので、面接はお店のスタッフではなく、派遣会社や人材紹介会社のスタッフに対して行うことになります。

面接時に撮影した写真を元に、各キャバクラ店で実際に働きます。

キャバクラ派遣には2つだけデメリットがある!?

キャバクラ派遣には、「ガッツリ稼ぐには不利」「好きなお店に行けるとは限らない」という2つのデメリットがあります。

この2つのデメリットについて、順を追ってご説明します。

【デメリット①ガッツリ稼ぐには不利】

お店に所属するレギュラーのキャバクラ嬢たちは、指名数や売り上げによってバック(※1)を受けることができます。
(※1:売り上げの一部をお給料にプラスして受け取れるシステムのこと。)

売り上げが上がれば上がるほど収入が増えるので、レギュラーのキャバクラ嬢たちは頑張った分だけ稼ぐことができます。

でも派遣には、このバックシステムがない場合がほとんど。
つまり、どんなに売り上げを上げても、あらかじめ決められた時給に勤務時間を掛けた分のお給料しか受け取れません。

派遣のキャバクラ嬢のお仕事は、お店所属のキャバクラ嬢のサポート役なので、売り上げを上げるという考え方そのものが当てはまらないことが多いんです。

カリスマキャバクラ嬢みたいに月に100万円とか稼ぐような働き方は、派遣では難しいところがデメリットと言えるでしょう。

【デメリット②好きなお店に行けるとは限らない】

もう1つのデメリットが、稀に働きたいと思った時に働けないことがあるという点。

派遣キャバ嬢はたくさんいるため、働きやすくて人気のお店は先着順でどんどん枠が埋まっていきます。

また、人気や高時給のランクの高い店は、派遣会社がランクが高いと判断した女性が斡旋されやすいです。

確実に高ランクのキャバクラで働くためには、『キャバクラの面接で何を聞かれるか』等の面接対策が必須です。

キャバクラ派遣はメリットの方が大きい

先ほどデメリットに関して2つあげましたが、実際はメリットの方が大きいです。

ここではキャバクラ派遣のメリットについて解説します。

【メリット① ノルマがない】

勤めるお店にもよりますが、レギュラーキャバクラ嬢にはノルマが課せられることが多いです。

「いくら売り上げてください」「何人指名を受けてください」「何回同伴やアフターをしてください」などのノルマを達成しなければいけません。

派遣のキャバクラ嬢はいろいろなお店で働くことになるので、売り上げのノルマも営業ノルマもありません。

そのため、派遣であればメンタルフリーで働くことができます。

【メリット② 働きやすさと給料】

キャバクラ派遣には、シフトの概念がないので縛られず自由に働けます。

そして、給料が日払いなのも魅力。
レギュラーキャバ嬢の場合、給料は基本的に月に一度の給料日に支払われますが、キャバクラ派遣なら毎回働く店舗が違うため、給料はその日に支払われます。

シフト制ではないので、「ちょっとお小遣いが欲しいな」という時に、好きなタイミングで働けて、しかもその場で給料がもらえるというのは嬉しいポイントですね。

 まとめ

キャバクラ派遣にはデメリットも確かにありますが、それを上回るだけのメリットがあります。

本業だけでは心細い方やいつもの給料を豊にしたい方は、ぜひキャバクラ派遣の登録をしましょう。